免疫細胞の基礎知識

私たちの身体は免疫というシステムによって敵から身を守っています。
まず、ここでいう「敵」とは何かというと、「自分ではないもの」のことです。

免疫細胞細胞はチームプレーで自分の体の成分のものとそうではないものを認識し、
この「自分ではない」ウィルスや細菌、花粉などの異物を体内から取り除くために、日夜戦っているのです。

このチームプレーを免疫システムといいます。
免疫という文字どおり、病気(疫病)免れる働きをする細胞を免疫細胞といい、
免疫細胞が生命をおびやかす病気に侵された細胞を攻撃・排除する働きを免疫力といいます。
免疫力すなわち自然治癒力がなければ、私たちは生きていくことができません。
どんなに軽い病気でも免疫力がなければ、病気を追い出して自らの身体を守ることができず死に至るからです。

太古、生物が水中で生活していたころの免疫システムは、「自分ではないもの」を排除するものではなく、
「自分」というものを認識し、それに異常があった場合に正常に復帰させるシステムであったようです。
それが陸上生活をするうえで「自分でないもの」の侵入を防ぐものに変化したということは、
それだけ陸上生活には外敵にさらされる危険が多いということなのでしょう。
陸上で暮らす私たち人間にとって免疫細胞の働きは不可欠なものなのです。

免疫細胞にはカビや細菌をまるごと包み込み食べてくれる顆粒球の働きと、
2度同じ病原体に侵されないように記憶し抵抗力をつけてくれる抗体という働きをもっています。
免疫細胞たちは私たちの身体の中で日々戦ってくれているのです。


唾液や鼻水などの分泌液が異物が体内に入るのを防いでくれているわけです。
涙も同じ用途をもっていますし、まつ毛や眉毛、鼻毛、粘膜なども微生物の侵入を防ぎ感染を予防してくれています。

私たちの身体はさまざまな方法で、外敵から私たちを守ってくれているのですね。