免疫細胞はどこで生まれるの?

免疫とは「自分ではないもの」(身体の外からやってきた異物)や変質した自己細胞(ウィルスに感染した細胞)を攻撃して、
排除する働きのことで、「疫病を免れる」と書くとおり病気を免れるための働きのことを言います。

そして、この「自分ではない」ウィルスや細菌、
花粉などの異物を体内から取り除くために、日夜戦っているのが、免疫細胞です。
それぞれの免疫器官で各免疫細胞が生まれるといわれています。
骨髄、胸腺、リンパ節、血管、膵臓、腸などの免疫器官があります。

この中で一番重要なのは骨髄です。
骨髄の中にはリンパ球や赤血球の元となる造血幹細胞があります。
骨髄の中の造血幹細胞が分裂して生まれたリンパ球が胸腺に行くと、
胸腺で教育されて骨髄由来のT細胞になり、それ以外のリンパ球は骨髄由来のB細胞になります。

骨髄の中の造血幹細胞は、すべてのものの元となるものですので、
非常にたくさんある免疫細胞のすべての元になるといえます。

造血幹細胞が分裂するとそれぞれリンパ系幹細胞とマルチ系幹細胞になります。
そしてリンパ系幹細胞はT細胞(ヘルパーT細胞・キラーT細胞・スプレッサーT細胞)、
B細胞、ナチュラルキラー細胞になります。

マルチ系幹細胞はその名の通りいろいろなものに分化成熟していきます。
マルチ系幹細胞が単芽球になったものがマクロファージになり、
骨髄芽球になったものが顆粒球(好中球・好酸球・好塩基球)になり、
赤芽球になったものが赤血球に、巨核球になったものが血小板になります。

以上の造血幹細胞が分裂してできる細胞の中で、
マルチ系幹細胞からつくられる赤血球と血小板を除いたすべての細胞は、白血球と呼ばれています。

免疫細胞の主力は白血球といっていいでしょう。
赤血球の主な仕事は酸素を身体の隅々まで供給することであり、
血小板の仕事は血管内皮に接着して止血栓をつくることです。

また血小板が赤血球を巻き込んでつくるものを「かさぶた」といいます。